팬앤스타

탑메뉴 탑메뉴

セフン×チャンヨルによる新ユニット“EXO-SC”がデビュー!

EXO-SCのデビューアルバム「What a life」発売を記念する記者会見が22日、ソウルで行われた。|撮影:キム・セジョン


韓国のダンスボーカルグループEXOのメンバー・セフン(SEHUN)×チャンヨル(CHANYEOL)で結成された新ユニット、“EXO-SC”のデビューアルバム「What a Life」の発売を記念する記者会見が22日、ソウルで行われた。


MCは同グループのリーダーのスホ(SUHO)が務め、「コンサートを準備しながら、宿舎や車のなかでずっと聴きましたけれども、今日正式なステージを見たら本当にすばらしかったし、アルバムもきっといい成績を出せると思います」と絶賛。
ユニットとしてデビューする感想を聞くと、チャンヨルは「デビューのときからやってみたいジャンルであったけれど、それをセフンと一緒に歌うことができて光栄に思っています」とし「このような機会を作ってくれたセフンとEXO-L(ファンの総称)に感謝します。EXOのメンバー皆はすごくチームワークがいいけど、個人的にセフンの声が好きで、二人が一緒にいるときに感じるケミストリーもすごくいいです」と微笑みをみせた。

これを受けてセフンは「決して軽い気持ちで作ったアルバムではありません。みなさんには癒し、幸せ、余裕を感じていただきたいです」とし「チャンヨル兄さんと一緒に曲を作りながら、より仲よくなりましたし、その過程は自分にとってとてもいい思い出にもなりました。このような機会が与えられたことに感謝したいです」と真剣な表情を浮かべた。
続けて、修正のために5回にもおよんだレコーディングでのエピソードを明かしたセフンは「“ここまでやらなければならないのかな?”って思ったこともあるけれど、チャンヨル兄さんは自分の望みたちをすごく細かく書いてメールで送ってくれました。それを読んだら兄さんの思いと情熱を感じさせられ、僕自身も欲と愛着がわいてきました」と明かし、今回のアルバムで初めてプロデューシングに挑戦したチャンヨルは、セフンの話に感激の顔をみせながら「ありがとう。今度ご飯でもおごるね」と返した。


セフン&チャンヨル



スホ


ここでスホが『線』という収録曲について一言。「セフンはたまに兄さんたちに対する線を超えるときがあるけど、この曲はそのようなセフンの一面が表れている曲だと思います。歌詞をよく読みながら聴いていると、セフンの本音や普段彼が言いたかった話がよくわかります」として笑いを誘った。



最後に、セフンはメンバーのカイ(KAI)に感謝の気持ちを示しつつ「この間のコンサートで、カイ兄さんが『What a life』のティザーをみながらリアクションビデオを撮ったそうです。それを聞いたら、僕らはひとりではなく“We are One”であることを改めて実感しました」とし、チャンヨルは「僕たちの気持ちと愛情を込めたアルバムだけに、たくさんの方に聴いていただき、共感していただければと思います」と呼びかけた。


ファースト・ミニアルバムとして発売された今回のデビュー作は、ヒップホップジャンルの全6曲入りで構成。明るくてポジティブなエネルギーを収めた「What a Life」、夏にぴったりと合う爽やかなメロディーの「ある、微かに(原題)」(Feat. Gaeko)、感性的雰囲気を醸し出す「呼べばいい(原題)」の3曲をタイトル曲(表題曲)にしている。




THE FACT JAPAN


  • いいね 2
  • コメント 0
  • シェア 22


 

会社案内 | 利用規約 | 個人情報保護方針について
特定商取引に関する法律 | 提携&広告

事業者 : 株式会社THE FACT|代表取締役社長 : 金相奎
通信販売業申告:2006-01232|事業者登録番号:104-81-76081
所在地 :ソウル市麻浦区城岩路189 20F(上岩洞・中小企業DMCタワー)
FAN N STAR日本語版は、㈱SHAREコーポレーションが管理します。
所在地:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-13-1 クレセントムーン101
E-mail : fannstarjp@tf.co.kr

Copyright@FAN N STAR All right reserved.